紬:着物の種類

着なくなった着物や和装小物などは、着物買取の専門店へ持ち込んで買い取ってもらうようにしています。捨ててしまうよりも、査定をして買い取ってもらうほうが次に着てくれる人もいるので安心です。
着物買取の専門店には、着物の専門的な知識を持ったプロの鑑定士がいます。なので、持ち込まれた着物をしっかりと査定することができて、その品物にあった金額を提示してもらうことができます。
着物には、振袖、留袖、訪問着、紬、小紋などがあります。それぞれに特徴があり、着用する機会が違うことも多いです。
たとえば、紬は気軽に楽しむことができるおしゃれ着として人気があります。フォーマルな場には合わせることはできないですが、ちょっとしたお買い物やお出かけなどのときに着用することができるので、活用する場が多いというのが魅力です。譲り受けたけれどサイズが合わない、などの理由で着物買取の専門店に持ち込まれることが多い紬ですが、半幅帯や名古屋帯、洒落袋帯を締めて、帯揚げや帯締め、帯留めなどをアレンジするコーディネートでまったくイメージが違ってくるということで、着物通にとても人気がある種類だといえます。
なので、着物買取の専門店でも紬は買い取ってもらうことが可能です。
紬の相場はどのくらいなのか、というと、保管状況で買い値が左右されるといってもいいです。もともと普段着として作られてきた紬の着物は、丈夫なので三世代にわたって着るということも珍しくないということです。なので、保管状態の良し悪しで買取価格が大きく変わっていくといってもいいです。
紬は糊を使用しているので、それがカビの原因になりやすいといわれています。なので、濃い色目の紬の場合、カビを発見しやすいということを理解しておき、定期的に確認しておくようにして、保管してあるタンスの空気を入れ替えてあげる必要があります。
着物を買い取ってもらうときには、着物の状態をしっかりと確認してお手入れをしてから持ち込むようにするといいです。