附下:着物の種類

着なくなった着物などは捨てるのではなく、着物買取りの専門店へ持ち込んで買い取ってもらうようにしています。
着物にはいろいろな種類のものがあり、専門知識がないとその価値にあった金額を提示するのは難しいといいます。なので、専門的な知識が豊富なプロの鑑定士がいる着物買取りの専門店を利用する人が多いです。
着物には振袖、留袖、訪問着、小紋、紬、無地、附下などの種類があります。
特に附下は、その柄によっていろいろな場面で活躍することができる着物として知られており、着物好きにも人気が高い着物だといえます。訪問着としても着用することができるので、附下を一枚持っておくだけでもお出かけや公の場に着ていくこともできます。
附下と訪問着は見た目がよく似ているのですが、少し違いがあります。この2種類の着物の違いについては意外と知らない人も多いので、買取をしてもらうときに迷ってしまう人もいます。
附下は、訪問着を簡略化した着物、と考えるとわかりやすいです。訪問着に次ぐ着物として格付けされているので、準礼装としても着用することが可能です。着物を仕立てる前の状態、つまり反物のときに染められるので、着用したときに前後の模様が上を向くように描かれているのが特徴だといえます。
基本的には訪問着のほうが附下よりも上の格付けになりますが、つける家紋の数や紋の有無によって格が変わる着物なので、訪問着と同格として着用することができると考えられています。附下は訪問着の略式扱いになりますが、結婚披露宴やちょっとしたパーティーなどにも着用することができる、よそ行きの着物としても人気の着物です。
着物買取り専門店では、附下はもちろん、ほかの着物もしっかりと査定をして買い取ってくれます。着物は日ごろのお手入れがとても大切です。お手入れをしっかりとしておくことで、着物の買取価格がアップすることもあります。なので、保管状態をよくするためにも、定期的にお手入れをするようにしておくといいです。