質屋の着物の素材と買取り価格とは

一般的に着物買取りで買取可能なのは、正絹の着物のみです。
正絹以外の素材、たとえばウールや化学繊維の着物だと、買取り不可になる可能性があります。
素材がウールや化学繊維だと断られてしまうのは、リサイクル着物として価値が低いからです。
リサイクル着物として再販売しても需要が低いので、ほとんど売れません。
販売業者は余計な在庫を抱えることになるので、ウールや化学繊維の着物は、買取り不可にしてる業者が一般的になっています。
しかし、素材がウールや化学繊維の着物は、全く需要がないわけではありません。
たとえば着付け教室では、正絹の着物が使われることはほとんどありません。
安いウールや化学繊維の着物を使って、着付けの指導をしています。
ですから、着付け教室や通う生徒さんには、ウールや化学繊維の着物は一定の需要があります。
そのため、着物買取りでも条件をつけて、素材がウールや化学繊維でも対応してくれることは多いです。
ウールや化学繊維の着物を着物買取りしたいときには、まずは業者に可能か問い合わせてみましょう。
素材が正絹以外の着物を買い取るため条件とは、正絹の着物を一定の枚数以上買取に出すことです。
ウールや化学繊維の着物を売りたいときは、正絹の着物も一緒に着物買取りしましょう。
ただし、条件を満たして買い取りをしてもらっても、ウールや化学繊維だと買取り価格はわずかです。
流行の柄行きや色合い、状態が良好など、着物買取りの好条件を満たしていても、素材がウールや化学繊維だと二束三文にしかなりません。
条件を満たして買取可能になっても、価格は期待しない方が良いでしょう。

反対に着物の素材が正絹だと、着物買取りの価格は高額になります。
高額買取りの条件を満たしていると、数万円以上の価格になることもあるほどです。
ただし、素材が正絹であっても、激しい汚れやシミ、傷みがあると、買取り価格は一気にダウンします。
最悪の場合は、正絹でも買取り不可になることもあるので注意しましょう。