黒留袖:着物の種類

着なくなった着物や使っていない和装小物などはそのまま処分するのではなく、着物買取りの専門店へ持ち込むようにしています。
着物買取りの専門店では、専門的な知識をもったプロの鑑定士が査定をしてくれます。なので、どんな着物でも一度は持ち込んで査定をしてもらうようにしておくといいです。
着物買取りの専門店で買い取ってもらうことができるものは、振袖、留袖、訪問着、それから小紋、紬などがあります。もちろん、ほかにもいろいろなものを持ち込んで査定をすることができます。
たとえば、留袖には2種類のものがあります。
もっとも格式が高い着物として礼装として用いられているのが留袖です。裾の部分に絵羽模様があるのが特徴の着物で、地色が黒い黒留袖と、それ以外の色の色留袖という2種類が買い取られています。
この2種類のなかで、より格調が高いものが黒留袖です。
未婚女性は振袖を着用しますが、既婚女性は留袖を着用します。地色が黒以外で五つ紋付のもの、白の比翼仕立てや染め抜きの五つ紋などは第一礼装として着用されることが多いです。また、三つ紋や一つ紋だと準礼装になります。留袖の中でもさらに着用する機会は多い着物だといえます。
留袖は着用する機会が多い着物なので、それだけ着物買取りの専門店では需要が高くなります。買取りの専門店では買い取っても需要があるということになるので、高額査定を期待することもできます。
黒留袖の方が色留袖よりも一般的なので需要が多いといえます。なので、安いものも含めると留袖のなかでも数が多いのは黒留袖だということです。
買い取りの相場は、中古品だと、黒留袖が6,000円から12,000円くらい、色留袖の場合は8,000円から12,000円くらいだといいます。もしも未使用の着物を買い取ってもらう場合は、どちらも2万5,000円から3万円くらいで買い取ってくれることがあります。
ただし、きちんとお手入れをして保管状態をきれいにしておくことが大切です。