小紋:着物の種類

着物買取で持ち込まれる着物の多くが小紋になります。小紋は普段着の着物に分類されるため、需要が多く着物買取でも人気を占めています。但し、着物専門の買取店以外のリサイクルショップ等では、殆ど値が付かない場合が多いので専門の着物買取店で正確な査定を依頼すると良いです。
着物買取相場は、柄や人気によって変動します。例えば型染めと言う染色技法で染められており、全体に細かい模様が入っている着物を小紋と呼んでいますが、中には手書きで描かれた手書き小紋があり希少価値が高くなります。柄も様々あり帯の合わせ方や柄によって、普段着の様なものからよそ行きのものまで場面や用途に合わせて着用します。イメージ的には洋服で言うワンピースがそれに当たります。また、訪問着と違い遠目には無地に見え単色が基本で細かい文様が入った江戸小紋は、紋を入れて礼装用の帯を合わせる事で準礼装となります。
柄の部分もより細かいものが格式が高いとされており、肌鮫の様な模様の鮫や小さいあられの形を並べた行儀、小さい正方形を並べた角通しの3つが代表的な江戸小紋三役になります。その他の特徴として、模様が点在する飛び柄のものや着物全体に模様が連なる総柄があり、沖縄の伝統的な染色技法の紅型、多色を用いた京都の伝統工芸品の京小紋、インド発症の更紗模様の更紗小紋など多くあります。
この様に様々な種類がありますが、一般的な買取値段は未使用で上述した高級品であれば10000円〜15000円位の値段が妥当です。中古品の場合は高くて数千円で状態次第では数百円となる場合もあります。また、着物に穴や酷い汚れ、カビなどがある場合は殆ど値段が付かないので査定に出す前にチェックを必ずします。着物買取業者はインターネットでも申し込む事ができて無料で出張査定もしてくれます。上述したリサイクルショップ意外にもオークションは後々トラブルの元になるので控えた方が良いです。必ずプロの業者に査定してもらう様にします。