色留袖:着物の種類

着なくなった着物や使っていない和装小物などを処分するために売りたい、というときには、着物買取り専門店へ持ち込むようにしています。着物買取り専門店ではしっかりと査定をして、その品物にあった金額で買い取ってもらうことができるので、納得して買い取ってもらうことができるのがいいです。
着物買取り専門店には、着物の専門的な知識を持った鑑定士がいるので、安心して査定をしてもらうことができます。プロの鑑定士がいるのは着物買取り専門店だからこそです。リサイクルショップなどでも着物を買い取ってくれるお店はありますが、着物の知識を持ったスタッフがいるのかというとそれはなかなかいないといいます。なので、ネットなどの相場を参考にして買い取られてしまい、安い価格を提示されてしまうことがあるということです。そのようなことがないように、着物買取り専門店へ持ち込むようにするといいです。
着物にはいろいろな種類の着物があります。振袖、留袖、訪問着、小紋、紬など、ほかにもいくつもあるのですが、そのなかでも紬は普段着のおしゃれ着としても着ることができるということで、着物好きな人にはとても人気が高いものだといいます。未婚の女性の場合、留袖ではなく振り袖を着用することが多いのですが、既婚女性の場合は留袖を着用することになります。地色が黒以外の色で、五つ紋付のもの、白の比翼仕立て、染め抜きの五つ紋などは女性の第一礼装として着用されています。
留袖には黒留袖という地色が黒のもの、それ以外の地色の色留袖があります。色留袖の買取価格の相場は、大体8,000円から12,000円だといいます。ですが、しっかりとお手入れをしてあって、有名作家のものであったり、ブランドのもの、老舗呉服店のものなどの場合はさらに高額査定を期待することができます。未使用の高級品であれば、黒留袖でも色留袖でも、大体2万5,000円から3万円程度で売れる場合もあるということです。